バツイチ婚活ガイド

バツイチさんの婚活事情やおすすめの婚活方法を公開!

ケース別 バツイチ婚活必勝法

同じバツイチでもお子さんがいない場合とバツイチ子持ちの場合では、婚活方法や注意点に違いがあります。ここではお子さんがいないケースと子持ちのケースとに分けて、バツイチ婚活の必勝法についてまとめてみました。

ケース1:バツイチの場合

婚姻届を出すカップルの4組に1組以上が再婚、というデータもあるように、昔と比べて再婚はめずらしいことではありません。お子さんがいないバツイチ男性などは、けっこうモテるという話をよく聞くほどです。

女性の場合は再婚相手がお子さんを望むか望まないかによって、ターゲットとなる男性がかなり絞り込まれます。さらにご自分にお子さんがいなくても、再婚相手にお子さんがいるというケースは当然あり得ますので、その点も含め婚活必勝法について確認しておきましょう。

バツイチ(子供なし)再婚を成功させる秘訣とは?

ケース2:バツイチ子持ちの場合

バツイチ子持ちといっても、お子さんの年齢によりポイントが異なります。まだ乳幼児であれば、成人するまでの養育費もかなりかかりますし、再婚相手との間に子供ができた場合についてなど、できるだけ相手の考え方を確認しておきたいポイントがいくつもあります。

さらに子供とお相手の相性、お互いに子連れの場合、子供が成人している場合…とさまざまなケースが想定できます。デリケートなテーマだけに、問題を後回しにせず、まず向き合うことからスタートさせましょう。

バツイチ子持ちの再婚を成功させる秘訣とは?

婚活を始める前にバツイチさんに伝えたい6のこと

バツイチだからと、はじめからあきらめてしまわないこと。
「どうせわたしなんて・・・」と思っていると、出会いのチャンスが逃げていってしまいます。ネガティブな思考からは何も生まれません。
相手に好条件を求めすぎたり、理想や価値観を押し付けたりしないこと。
ないものねだりばかりしていませんか? これだけは譲れないということはもちろんあると思いますが、こだわりが多すぎると自ら選択肢を狭めてしまうことに。
「○○のために」ではなく、「自分が幸せになるために」再婚を目指す。
「子供には父親がいたほうがいいから」とどこか言い訳をしていませんか? もっとも大切なことは「あなたが幸せになるため」だということを忘れないで。
見栄を張ったり、うそをついたりしない。本音で向き合うこと。
お付き合いを始める前に、できるだけ相手に本音を話すようにしましょう。隠しごとがあったりうそをついたりすると、結局はうまくいきません。
バツイチとは「一度は結婚した実績がある」という肩書きを持っている人のこと。
一度離婚ははしましたが、逆の見かたをすれば「結婚した実績がある」ということ。初婚の人より経験を積んだ分、再婚時にはうまくいくケースが多いのです。
第三者や専門家、バツイチ経験者の話に耳を傾けること。
ひとりで悩まず、ご家族やバツイチ経験者の意見を聞くこと。結婚相談所無料の無料相談などで専門家の意見も聞いてみるのもいいと思います。

バツイチ婚活ガイド内でよく読まれている記事

バツイチさん向け婚活方法リスト
  • 【結婚相談所】

    バツイチの婚活方法:結婚相談所

    バツイチ割引:アリ
    バツイチ会員の割合:~30%
    成婚率:10%

    成婚率が高いワケは、結婚への真剣度が高い人が会員だから。バツイチ向けのお得なプランがある結婚相談所を調査してみました。キーワードは”仲介型”!

    結婚相談所を
    おすすめする理由

  • 【婚活パーティー】

    バツイチの婚活方法:婚活パーティー

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:?
    成婚率:1.1%

    成婚率は低いですが、参加費も安く気軽に参加ができます。バツイチ向けの婚活パーティーを行っている会社をピックアップしました。

    婚活パーティーを
    おすすめする理由

  • 【婚活サイト】

    バツイチの婚活方法:婚活サイト

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:~30%
    成婚率4.9%

    実は結婚相談所に並んでバツイチ利用者が多いです。自分のタイミングで活動できるのがポイント。各サイトの特徴をまとめてみました。

    婚活サイトを
    おすすめする理由

  • 【街コン】

    バツイチの婚活方法:街コン

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:?
    成婚率3%

    再婚を急いでない人は、街コンで恋人候補を探すのもアリかも。一度にさまざまなタイプの人と出会うことが出来ます。大手2社を紹介しています!

    街コンを
    おすすめする理由