バツイチ婚活ガイド

バツイチさんの婚活事情やおすすめの婚活方法を公開!

シングルマザーの再婚&婚活事情 | バツイチ婚活白書

シングルマザー(母子家庭)の婚活、結婚事情について調べてみました。再婚したいシンママたちのために、子連れ再婚が増えている理由や先輩カップルの成功失敗体験談、もう一度幸せになるためのポイントなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

【目次】
○シングルマザーの再婚が増えています
    – 結婚するカップルの4組に1組が再婚
    – 結婚相談所のデータでも再婚者が増加
    – 子連れシンママとの結婚が当たり前に
    – 独身男性に聞いた!シンママとの結婚はアリ?ナシ?
○再婚したいシングルマザーにおすすめの婚活方法
    – 結婚相談所(結婚紹介サービス)
    – 婚活サイト(出会いアプリなど)
    – お見合いパーティー(婚活パーティー)
○子連れで再婚するときに気を付けたいこと
    – 相手に父親としての役割を過剰に期待しない
    – 再婚時の子どもの年齢がポイント
    – 前の旦那と比較したり悪く言ったりしない
○シンママが婚活して幸せになるためのポイント
    – 再婚すること自体を目的にしない
    – 彼に自分が母親であることを認識してもらう
    – 失敗の経験を男性に理解してもらう
    – 性格や価値観の共有はマスト事項

シングルマザーの再婚が増えています

シングルマザーの再婚が増えています

結婚するカップルの4組に1組が再婚

いま、結婚して夫婦になるカップルが年間約63万5000組。離婚は22万5000組にもなっています(2015年厚労省の人口動態調査)。結婚した夫婦の約35%(3組に1組)が離婚する計算ですね。

そして、新しく生まれる夫婦63万組ですが、その4分の1にあたる約16万組において、男女のいずれかまたは両方が再婚者とされています。毎年これだけ再婚する人がいるのですから、シングルマザーで結婚する女性も相当数いると考えられます。

結婚相談所のデータでも再婚者が増加

大手結婚相談所のオーネットによると、成婚した2333組のうち、約3割の684組が再婚カップルとのこと。さらに、30代会員の4人に1人はバツイチで、女性の半分には子どもがいるそう。オーネットの会員データをチェックすると、約2万人の女性会員がいて約13%が離別。つまり、約2600人の会員がバツイチということになります。

日本は年々離婚者数が増え続けていますが、その分再婚件数も増加傾向。一度は結婚で失敗したかもしれませんが、子供の将来を考えると、再婚という形に行きつくのだと思います。

結婚相談所で再婚カップルが増えている理由はこちら

子連れシンママとの結婚が当たり前に

そもそも離婚自体が珍しくなくなっていることもあり、シングルマザーとの恋愛や結婚も当たり前になってきています。これは、各種の調査結果からも分かっています。

マイナビウーマンが独身男女にしたアンケートによると、バツイチ女性でも恋愛対象になると答えたのは、全体の約半数である47.9%。博報堂生活総研によると、シングルマザーでも構わないと思う人は平均で27.4%。結婚相談所のオーネットの調査では「シンママが結婚対象となる」と答えた男性は約35%にもなるという結果が出ています。

独身男性に聞いた!シンママとの結婚はアリ?ナシ?

シンママとの恋愛や結婚について、男性に話を聞いてみました。子連れということへのイメージや、超えるべきハードルをどのようにとらえているのでしょうか?

「最近はシンママへの偏見を持つ男は少ないと思う」(30代男性)

「出会った人がシングルマザーでも、とくに驚いたりはしないですね。まわりでも子持ち女性と結婚する人、多いですし。むしろ、今の職場にいるシングルマザーは仕事もしっかりしていて強いですよ。女性のほうからオープンにしてもらえれば、男性も気を使わなくていいですよね。どっちかっていうと、常に子どものことでいっぱいいっぱいな感じを出されるほうが嫌かも。いいなと思う女性でも、生活感が出すぎてると遠慮しちゃいますから。」

「その人の過去も含めて好きになるから問題ない」(40代男性)

「女性として魅力的で結婚したいと思ったんだったら、離婚歴は関係ないです。子連れだったとしても、一緒に暮らせるよう努力します。過去に結婚で失敗してるからこそ見えているものもあるだろうし、知り合いのバツイチ女性は離婚をして色気が増した気がします笑」

再婚したいシングルマザーにおすすめの婚活方法

仕事に育児に忙しいシングルマザー。いつか再婚したいけど(特に専業主婦だった場合)出会いもないし、どうやったら再婚できるのか…そう悩む女性は少なくありません。そこで、子どもがいるシンママでも婚活しやすい方法を紹介します。

結婚相談所(結婚紹介サービス)

結婚相談所

結婚相談所は入会金が必要なため、一定の経済力がある男性しかいません。身元証明や独身証明も必要なうえ、全員が強く結婚願望を持っているため、婚活サイトやお見合いパーティーよりも確実で質の高い出会いが期待できます。前にも述べたとおり、結婚相談所では多くの再婚者のカップルが誕生しています(オーネットでは年間684組の再婚者カップルが誕生)。

なにより、たくさんの再婚カップルを誕生させているプロのカウンセラーがいます。婚活のことだけではなく、子育てに関することも気軽に相談できるのが魅力。いつも忙しいお母さんだからこそ、日ごろの悩みをしっかり聞いてもらえるだけでも、精神的にずいぶん楽になるでしょう。そして、あなた自身に価値観に合った人を紹介してもらえるので、当たり外れがなく、婚活に疲れるといったこともありません

【結婚相談所のメリット】
・経済力があり子連れに理解がある人を紹介してもらえる
・長い夫婦生活のために価値観が合った人を紹介してもらえる
・自分から積極的にいかなくても出会える
・結婚願望の強い人が集まるため再婚までの期間が短い
・プロのカウンセラーに悩みを聞いてもらえる

【結婚相談所のデメリット】
・他の婚活方法と比べて料金がかかる
・自分に合った結婚相談所を選ぶ必要がある

シングルマザーにオススメの結婚相談所

サンマリエのサイト画像 引用元:サンマリエHP

サンマリエ
シングルマザーなら通常プランよりも半額!強力なサポート付きの専用プラン

サンマリエはシングルマザーに向けて母子家庭応援プランを提供しています。入会する時にネックとなる初期費用が、なんと通常プランの半額になるのです。さらに、活動期間は平均1年以上かかりますが、サンマリエでは3ヶ月~7ヶ月で成婚にたどり着けるのが特徴。短い期間で成婚できるので、費用を抑えることが可能です。
紹介される相手は、子連れに理解があるかマッチング前に確認できます。常にカウンセラーが寄り添ってサポートしてくれるので、忙しいシングルマザーも悩みや不安を解消しながら婚活できるのが特徴です。

\入会金0円キャンペーン中!/

サンマリエのシンママ応援プラン

シングルマザー応援プランで素敵な出会いが!
シングルマザーとして頑張ってきたのですが、子どものためにも自分のためにもと、婚活を始めました。色々と結婚相談所を調べてみて、シングルマザー応援プランのあるサンマリエなら「もう一度幸せをつかめるかも」と思い入会を決意。スタッフのすすめてくれた男性は、あらかじめ事前の条件を提示する際に私がバツイチ子持ちだということを理解してくれていたので、話しやすかったです。子どもがいるので最初はためらいもあったのですが、素敵な男性との出会いをくれたサンマリエに感謝しています。

  

婚活サイト(出会いアプリなど)

婚活サイト

空いた時間で気軽に相手探しができるのが特徴です。プロフィール登録時には、シングルマザーでもOKという人を選択できますし、相手側も子持ちであることを理解したうえで検索が可能。会員数が多いサイトなら、出会いの数を増やすことができます。

【婚活サイトのメリット】
・空き時間を使ってマイペースで相手探しができる
・女性の利用料金は抑えめなので経済的に婚活できる

【婚活サイトのデメリット】
・登録者全員が結婚を望んでいるか不明
・安全面で不安が残る
・自分から積極的にアプローチする必要がある
・会うまでに時間と手間がかかる

シングルマザーにオススメの婚活サイト

パートナーズのサイト画像 引用元:Partners公式HP

パートナーズ
月間1万組のカップルが誕生

結婚をしたい男女に、真剣な出会いを提供する婚活サイト。相性診断やつぶやき投稿、カップリングチケットなど、ネットでの婚活を充実させるため機能が満載です。男女比は46%:54%と女性がやや多め。登録者は30~40代が一番多いようです。離婚経験者の登録が30%と、再婚を望むシングルマザーにピッタリの婚活サイトといえます。

パートナーズの
お試し検索はこちら

始めるときに身元確認が必要なので、安心してお相手探しができます
多くの婚活サイトの中から、登録する際に本人証明が必要なパートナーズが信頼できそうだと思い、利用してみました。夫に先立たれ、育児が一段落し、これからの人生について考えると、「このままでは一人寂しく余生を過ごすことになる…」と感じ、婚活をはじめようと思ったことがきっかけです。活動を始めてからしばらくすると、年上の男性とメールのやり取りをするように。その後何度かお会いして、だんだんその方の優しさとリードしてくれる姿に魅力を感じ、お付き合いに至りました。交際が続くほど「この人と出会えて本当に良かったな」と思います。あの時パートナーズを選んでよかったです。

お見合いパーティー(婚活パーティー)

お見合いパーティー

自分の都合が良い日時を選べるため、子どもを預けて参加できます。昼間で開催している婚活パーティーもあり「シングルマザー向け」や「子連れに理解がある人限定」といった企画も。1度に出会える人数が多く、婚活サイトよりも効率的に相手探しができます。

【お見合いパーティーのメリット】
・シンママ向けのパーティーがあり理解がある人と出会える
・子どもを預けて参加できるパーティー有り

【お見合いパーティーのデメリット】
・年齢的に若いか容姿に自信がないと取り残される可能性がある
・初対面の男性と積極的に会話しないといけない
・すぐに結婚したい人がくるとは限らない
・昼開催もあるが多くは夜に開催している

シングルマザーにオススメのお見合いパーティーサイト

再婚したいシングルマザーにおすすめの婚活パーティー 引用元:Partners公式HP

PARTY☆PARTY
婚姻歴への理解者限定パーティーがあるから安心

お見合いパーティー業界でトップクラスのイベント開催数を誇っています。なんといっても、婚姻歴への理解がある人を集めたパーティーがあるのが魅力。もちろん、シングルマザーだからといって通常のパーティーにも参加できます。会場は都内を中心に関東に展開していて、アクセスの良いシンママならすぐに出会いの場がつくれます。PARTY☆PARTYのイベントは、きちんと男女比を調整したうで丁寧なスタッフが開催されていると評判です。

PARTY☆PARTYの
イベント検索

バツイチ限定のパーティーなら、自分の境遇を理解してもらえる人に出会える
「支えてくれる男性がいてくれたらな…」思うようになり、パーティーパーティーの婚活パーティーを利用することに。20代で結婚して子供を授かったのですが、夫婦関係の悪化で離婚。シングルマザーとしてのこれからに不安を感じたのが参加のきっかけです。バツイチ限定のパーティーであったため、同じ境遇の人との出会いがありました。そして、何度か参加するうちに、お互いの立場を共感できる素敵な男性と出会うことに成功。バツイチの子持ちでも、積極的に婚活をすれば素敵な出会いがあります。諦めるのはもったいないですよ。

子連れで再婚するときに気を付けたいこと

子連れで再婚するときに気を付けたいこと

バツイチ子持ちの女性が、再婚を考えてこれから婚活しようとするなら、気を付けておきたいことがあります。

相手に父親としての役割を過剰に期待しない

再婚をするということは、相手には連れ子の父親になってもらうということ。子どものためを思うがあまり「この人は良い父親になってくれるのかな?」という視点で相手を見がちです。それ自体は当たり前の感情だと思います。ただ、一度結婚で失敗しているからこそ、シンママ自身が相手を好きになれているかが大切。これからもずっと、相手を愛していけないと再び同じ失敗をしかねません。

お母さんといっても、そこは女性。好きになった相手と結婚するのがイチバンの幸せのはずです。「子どもを守るために再婚する」のではなく「子どもと一緒に幸せになるために結婚する」と考えましょう。

再婚時の子どもの年齢がポイント

子どもが2~3歳ぐらいなら、再婚相手と上手くいく可能性が高いです。子ども自身もパパが欲しい年ごろですし、子どもに懐かれることで男性にも父親としての自覚が芽生えます。また、高校生以上の年齢でも上手くいきやすいとされています。精神的に大人に近づき、親の再婚に理解ができるようになるからです。

一番難しいのが、子どもが思春期(小学生高学年~中学生)のころ。何に付けても反抗的になりやすい時期で、いきなり家にやってくる男性に理解を持てなくなり、一方的に拒否しようとする傾向があります。解決には時間が必要です。再婚相手の男性には、下手なアピールはしないようにしてもらってください。子どもは頭では理解しようとしますが、どうしても嫌という気持ちの部分が先行します。この気持ちの部分は、ある程度の年齢にならないと落ち着かないため、長い目で見てお付き合いしていきましょう。

前の旦那と比較したり悪く言ったりしない

いくら今付き合っている男性が素敵でも、子どもには前の旦那の悪口や批判はしないようにしてください。子どもにとっては、いなくなっちゃた人でも父親には変わりません。離婚を経験しているのはお母さんと子どもの両方なのです。親の悪口を言われるのは、子どもとしても嫌な気持ちになるでしょう。新しい父親となりうる人に好印象を持たれることもありません。

シンママが婚活して幸せになるためのポイント

シンママが婚活して幸せになるためのポイント

再婚すること自体を目的にしない

正確には再婚を焦らないとも言えます。相手としっかりした関係性を築き、この人だったらもう一度結婚したいと思える人ができても、ちょっと立ち止まってください。連れ子の年齢によっては強く反対をされる可能性があります。お母さんの気持ちとして、早く子どもに父親の愛を与えたいと考えるのはもっともなこと。

ですが、子どもの年齢を考えてタイミングを待つという選択肢があることを思い返してください。子どもに意見を聞くとしても、前の夫と比較するような聞き方はやめてください。お母さんから「この人、すごくいい人なんだ」と言われれば、子どもはお母さんに気を使って本心を隠してしまうでしょう。それだけ、子どもは親のことを心配しているのです。なるべく素直な気持ちを確認するために、前の夫の話はせず再婚することに対する意見を聞いてみてください。

彼に自分が母親であることを認識してもらう

付き合いはじめのころは、大人デート(子どもなしの2人でデートすること)が多いと思います。男性にはシンママの女性的な印象が残りますが、子どもと接する機会があった際には、家庭があることを認識してもらわないといけません。シングルマザーは、育児に仕事に忙しい毎日。常に綺麗でいられるとは限りません。そういった部分を踏まえて、あなたとの結婚を決意してくれる男性でないと、将来的に関係性を維持するのが難しくなるでしょう。

失敗の経験を男性に理解してもらう

たとえ前の夫が100%悪くて離婚したとしても、自分にも良くない点があったということを男性に話してください。同じ失敗を繰り返さないためにも、あらかじめ相手の男性に理解を求めることが大切です。つまり、あなたの良いところも悪いところも受け止めてくれる男性こそ、再婚相手にふさわしい人といえるでしょう。

性格や価値観の共有はマスト事項

離婚の原因は、男女いずれも「性格が合わない」が1位。これからの結婚生活、ましてや連れ子がいる状態でのスタートですから、2人の価値観が合っていることが再婚の大前提となります。付き合っている時は恋愛モードで突っ走ってしまうことも多いため、一度2人で話し合う時間をつくってみてください。

バツイチ婚活ガイド内でよく読まれている記事

バツイチさん向け婚活方法リスト
  • 【結婚相談所】

    バツイチの婚活方法:結婚相談所

    バツイチ割引:アリ
    バツイチ会員の割合:~30%
    成婚率:10%

    成婚率が高いワケは、結婚への真剣度が高い人が会員だから。バツイチ向けのお得なプランがある結婚相談所を調査してみました。キーワードは”仲介型”!

    結婚相談所を
    おすすめする理由

  • 【婚活パーティー】

    バツイチの婚活方法:婚活パーティー

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:?
    成婚率:1.1%

    成婚率は低いですが、参加費も安く気軽に参加ができます。バツイチ向けの婚活パーティーを行っている会社をピックアップしました。

    婚活パーティーを
    おすすめする理由

  • 【婚活サイト】

    バツイチの婚活方法:婚活サイト

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:~30%
    成婚率4.9%

    実は結婚相談所に並んでバツイチ利用者が多いです。自分のタイミングで活動できるのがポイント。各サイトの特徴をまとめてみました。

    婚活サイトを
    おすすめする理由

  • 【街コン】

    バツイチの婚活方法:街コン

    バツイチ割引:ナシ
    バツイチ会員の割合:?
    成婚率3%

    再婚を急いでない人は、街コンで恋人候補を探すのもアリかも。一度にさまざまなタイプの人と出会うことが出来ます。大手2社を紹介しています!

    街コンを
    おすすめする理由